陸王 3話感想&4話あらすじ 茂木役:竹内涼真の演技力は? |

陸王 3話感想&4話あらすじ 茂木役:竹内涼真の演技力は?

      2017/11/05

こんにちわ.ドラマ:陸王の2話目で,シルクレイの使用権がおりました.

特許の話は,下手をすると訴訟を起こされる恐れがあるようなデリケートな案件です.

交渉をして使用権を獲得するのは難しいのですが,宮沢の手腕が光った瞬間でしたね!

Sponsored Link
 

陸王 3話 感想

2話にて宮沢の交渉が実り,「陸王」の開発に必要な素材:シルクレイが使用権を獲得することができました.

こばせ屋にとってみれば,またとないチャンス到来ですね!

特許使用の条件は,飯山自身も陸王の開発チームに参加することでした.心強い味方がこばせ屋に加わることになりました.

しかしながら,飯山が過去に会社を倒産させた事実から富島は彼に懐疑的な目を向けていました.茂木はアトランティスからスポンサード契約を打ち切られました.

後がない茂木は宮沢の陸王を試します.

その履き心地に驚愕する茂木でしたが,試走を繰り返すうちにソールの不安定さが欠点として,露呈してきます..

(感想はのちほど公開します.)

視聴しましたので感想を公開します。

飯山が加わって、こばせ屋も快進撃と思ったのですが、埼玉中央銀行から門前払い食らってましたね。

なんだか「実績、実績を出せ!!」とうるさかったじゃないですか??大企業の人って本当に「実績はあるの?」と言ってくるから、リアルだなぁと思いました。

どうして実績を重視するかというと、それを採用した自分が失敗したくないからと自分で判断する技術力を持ってないからです。

だから社内の説得材料も含めて実績を要求するわけです。まぁ、あんなに大柄な態度では迫ってきませんがね。

役所さんの下町人情な演技もなんだか泣けますねぇ。僕もメーカーで開発してますけど、陸王の描写は結構リアルです。

開発って本当に辛いんです。だからドラマでも開発が上手くいって、みんなが歓喜する場面は泣けました。来週も楽しみに待ってます><

200人のオーディションを勝ち抜いた茂木役:竹内涼真の演技力は?

茂木役の竹内涼真さんは200人のオーディションから選出されました.

なんでも現場は『半沢直樹』を超えてやると気合が入っているようです.果たして半沢直樹を超えるセンセーショナルを起こせるのか楽しみですね.

オーディションでは実際に陸上トラックを走って,その走りっぷりを認められての選出だったみたいです.

第3話は彼がメインですから,演技力をしっかりと披露して頂きたいですね.

(感想はのちほど公開します.)

視聴しましたので感想を公開します。

いや~、竹内涼真さん、マジでイケメンでしたね(^^♪(顔の作画が良すぎる)

演技の方もさすがオーディションを勝ち抜いた役者さんだけあって、素晴らしかったです。走れなくった選手の演技は非常に感情移入させられました...

彼が選手として復活していく過程をこれからも見ていきたいです。

Sponsored Link
 

陸王 4話 あらすじ

ここまでは,シューズの開発のお話が中心でした.3話で無事にソールの不安定さが解決しない気がします.

そこの解決方法は4話に持ち越す可能性もありますねぇ.製品開発というのは試作・評価の繰り返しでできていきます.

正直,失敗ありきですから,そこからどのようにこばせ屋が立ち直っていくのかを楽しみにしたいですね.

(あらすじはのちほど公開します.)

視聴しましたのであらすじを公開します。

なんとか、ソールの素材を最適な硬さのシルクレイでの開発を成功しました。陸王完成へはまだ遠い道のりですが、打ち上げと称して居酒屋で飲み会を行います。

宮沢は茂木の足型をとるためにダイワ食品陸上競技部を訪ねますが、問題が発生するようです。

一方、茂木はケガをしたために会社から引退して事務業への転換を進められます。しかし茂木は躊躇っているようです。

 - 2017年秋ドラマ, 陸王