妹さえいればいい。4話感想&5話あらすじ 沼倉愛美:アシュリー襲来 |

妹さえいればいい。4話感想&5話あらすじ 沼倉愛美:アシュリー襲来

   

妹さえいればいい。4話『仕事さえすればいい』の感想です。

4話は大物税理士 大野アシュリーが伊月宅に襲来します。目的は伊月の確定申告ですね。

彼女は外見通りに一癖も二癖もありました....

こんな税理士さんいたら、間違いなくビビるだろうな笑。

Sponsored Link
 

妹さえいればいい。4話 感想

魔法学園の5巻が来月発売だというのに、本編の進捗は半分ほど。

なぜか、あらすじで悩む伊月。

千尋『本編できてないのに、あらすじ書くの?』

伊月『出版社のサイトや宣伝用だ!短い文字数の中で本編の内容をバラさずに、それとなく面白そうな展開を煽る』

本編の内容の核心部分を触れずにあらすじを書くのは大変だね( ˘•ω•˘ )

伊月っていい加減だけど、プロなんですよね。多くはプロの小説家にすらなれずに消えていくのに、彼のような存在がいるという事実。

厳しめの編集者がいるから、仕事が繋がってる感じなのかな?あの編集者も原稿の為なら地獄まで追いかけてくるよね、きっと。

編集者からチョコも届いていたけど、喜ぶ伊月に対して『お前じゃなくて、小説のキャラ宛だけどな』と突っ込みを入れていましたね。

漫画の作者にファンレターを出したことはないのですが、キャラに向けて出す方が多いのでしょうか?

だとしたら、貰ってる側も手放しで喜べる状況じゃないですねぇ。

沼倉愛美:アシュリー襲来

大物税理士アシュリーが襲来しました。声は沼倉愛美さんですが、彼女はガンダムSEEDを見て声優を志したようです。

ガンダムSEEDは僕も見てました。

あの作品は批判されますが、ガンダム人気を復活させたんですよね。
個人的に苦手な作品ではあるのだけど、人気が復活してガンダムの企画が立ち上げやすくなった効果はあるのかなと思います。

話がそれましたが、アシュリーは大物(?)税理士です。アシュリーは資産を確認するために色々と質問しましたが、伊月はタジタジでした( ˘•ω•˘ )

オタクの小説家を確定申告は大変そうでした^^;しかし節税の裏技を提案してましたね。

Sponsored Link
 

妹さえいればいい。5話 あらすじ

原稿の締め切りが迫っている中で、担当編集である土岐から伊月が逃げますwしかしながらあえなく拘束。

伊月はそんな中でも、編集部から脱走に見事成功します。逃亡先でイラストレーター恵那刹那に伊月は、温泉へ誘われます。

刹那と一緒に温泉旅館に出かけた伊月は、世にも奇妙な物体に遭遇する!!

 - 2017秋アニメ, 妹さえいればいい。