陸王 5話感想&6話あらすじ 小籔千豊の演技が下手に見える理由とは? |

陸王 5話感想&6話あらすじ 小籔千豊の演技が下手に見える理由とは?

   

陸王も5話目になります。毎回、ベタな展開なんだけど王道の演出だから感動しちゃうときもありますね( ˘•ω•˘ )

結構、ネットでも評判が良いですよね。製造業の現場をリアルに描いていると思います。

様々な人がだんたんとこばせ屋に味方してきました。現実問題として、あれだけはないけどねぇ。製造業の現場も駆け引きばかりですから。

Sponsored Link
 

陸王 5話 感想

若い銀行員の大橋も、こばせ屋の熱意に靡いているような感じでした。製造業は衰退産業だと指摘されていましたけど、日本に限ってはかなり衰退しています。個人的に感じるのは開発力がどんどん低下しています。一昔前は気合どか根性等で乗り切っていたんですが、そういう時代じゃないんですよね^^;

飯山が入院して、宮沢が急遽代役を申し出ていましたね。しかし設備が不具合を起こして、四苦八苦していました。故障マニュアルとエラー番号を見て、設備を分解してましたけど大変そうでしたね。故障の原因を突き当てたけど、残念ながら生廃部品でした。

自主退院(?)した飯山が、「こんなこともあろうかと!」を発動していました。頼り甲斐ありますね!一生懸命な飯山を見ていると思うのが、正しい努力をしないと成功はできないということでしょうか。

出荷直前のソールに亀裂が入ってましたけど、マジで現実にあるので怖いです。納期が近いときに限って、トラブルは起こります;;

ソールの細かな傷を見て、こんな傷で廃棄?と思った人もいるかもしれませんが、基本的に疑わしきものは全部廃棄です。

そんな仕事の仕方に製造業の現場は疲れてるけどね。それでも挽回できるこばせ屋の底力の凄さを感じさせてもらった回でした。

 小籔千豊の演技が下手に見える理由とは?

小籔千豊(こやぶ かずとよ)が演技がなんか下手というか違和感を覚えました。やっぱり活舌が悪くて、何言ってるか分からない時があるんですよね( ˘•ω•˘ )

顔は良いんですよね、凄く悪役面で( ˘ω˘)ス

あと、普段の小籔さんといった感じで、演技をしていると思えない感じも。やっぱり周りの役者さんが演技派だらけだから、お笑い芸人の演技は浮きますよね。

役者ではない人がドラマで演技をする環境が多いですけど、しっかりと演技の練習をしてほしいなと思います。

Sponsored Link
 

陸王 6話 あらすじ

いよいよニューイヤー駅伝が始まります。茂木はアトランティスのRⅡではなく、こばせ屋の陸王を選択します。レーススタート後はしっかりとタスキを繋いでいくダイワ食品は3位。

しかし、連戦の疲れなのか失速し、順位を落としていきます。大きな差を先頭からつけられたダイワ食品ですが、6区でついに茂木にタスキがつながります。

こばせ屋の面々が見守る中、果たして勝負の行方はどうなるのか!?

 

 - 2017年秋ドラマ, 陸王