ユニバーサル広告社 7話感想 長田成哉 映画監督の仕事ぶりは? |

ユニバーサル広告社 7話感想 長田成哉 映画監督の仕事ぶりは?

   

ユニバーサル広告社の7話になります.7話で最終回なんですね(*_*)結構,話数が少ないのですがドラマでは普通なんでしょうか..

6話で見事,商店街のホームページの作成を成功させます.これで商店街の活性化は間違いなしなんじゃないだろうかと思っているのですか,まだまだ課題は山積みの模様.

Sponsored Link
 

ユニバーサル広告社 7話感想...最終回

ここまで,紆余曲折ありながらも依頼を成功させてきたユニバーサル広告社.コンサルタント契約第一号として商店街のホームページも完成させました.ですが,その先の展開が思いつかない模様.

またもや杉山(沢村一樹)にピンチが訪れる.ホームページ完成に沸き立つ商店街の人たちを見て,杉山らは事の重要さを認識します.勝算があるわけでなく,行き詰まり感が出てくる中,石井社長が起死回生のアイデアを出します.

(感想はのちほど公開します.)

長田成哉の映画監督として仕事ぶりは?監督業は大変なのだろうか...

最終話には長田成哉さんが映画監督として出演されます.その仕事ぶりに注目ですね.商店街をロケ地として選ぶんだけど,イメージと違うと言って杉山らユニバーサル広告社を焦らせるらしい.まぁ,映画監督は完ぺき主義じゃないとやっていけないからな.

やはり監督業は大変なのかなぁっと最終話を見つつ,考えたいと思います.

(感想はのちほど公開します.)

Sponsored Link
 

ユニバーサル広告社 総評...視聴率の低下が終了の要因?

最終話の7話視聴後に総評を書きたいと思います.個人的にはもう少し話があっても良かった気がしますが,,

(感想はのちほど公開します.)

 - 2017年秋ドラマ, ユニバーサル広告社