ガキの使い2017の感想!笑ってはいけないがつまらない理由は何? |

ガキの使い2017の感想!笑ってはいけないがつまらない理由は何?

      2018/01/02

(※この記事は個人の感想です)

ガキの使い2017『笑ってはいけないアメリカンポリス』みました~。紅白も観たかったけど、感想を書きたくて最後までガキ使を観てしまった(*_*)

紅白では欅坂46の出番でトラブルが起こっていたみたいですね^^;今年は微妙なテレビ番組が多かった気がしました。

鈴本美愉 元気ない理由...太ったり痩せたりを繰り返していた?

平手友梨奈 元気ないのはメンバー仲が原因?握手会での様子を調査

ガキ使は相当前ですけど、初期の温泉旅館の企画が一番面白かった気がする。あれから14年、まだ笑ってはいけないの企画が続行されていることがすでにマンネリなのかもしれないです。

ガキの使い2017『笑ってはいけないアメリカンポリス』は面白くなかったです。

私の独断ですが、つまらない理由を考えてみました。

Sponsored Link
 

ガキの使い2017 アメリカンポリス の感想 ベッキーは体張りすぎ...

アメリカンポリスと言いながらも、モチーフはウエスタンポリスでした。

浜田はビバリーヒルズコップのアクセル刑事(エディ・マーフィ)のコスプレをしていましたね。分かる人は限られそうですが、私は1と2が好きです(*_*)

警察繋がりでアクセル刑事だったのかと思いましたけど、ビバリーヒルズコップにはウェスタン要素はありません(@_@;)

ネタが一貫していない点だけが目立ちました。警察署と言いながらも、警察に関係ないネタの方が多かったし。これってそもそも、ポリスである必要もないんじゃ?

ベッキーが出てきましたが、罰ゲームを受けていました。仕事がやはりないのか?と心配になるだけで、笑えなかった(;一_一)

ヘイポーも最後だけ、最後に少し出てきただけでインパクトはありませんでしたね。

笑ってはいけないがつまらない理由とは?下品なネタが多いかも...

つまらない理由はゲスト不足と企画のマンネリ化だと思いますね^^;そして上島らのネタは笑えないし、なんだか不快だなぁ...

1.面白いゲストがいない。

今年は出てくるゲストが小ぶりだった気がします。今年が旬だった方は誰も出ていないのかなと思います^^;。出てきても不倫をした人とか。ガキ使は『笑ってはいけない』になると妙にブラックな面が急に出てきて生理的に受け付けなくなりました...

目にとまったゲストと言えば、滝藤さんですねぇ。犯人役からハッピーボーイへの変身は演技力の高さを感じました。

本家の岡田さん、今年は離婚しましたが、その件に関してはツッコミはなかったですね。おそらく収録後に離婚発表をしたと考えます。

滝藤賢一 演技力の評価...声優・オネエ役もこなせる理由とは?

岡田圭右の離婚原因は何?..嫁の画像や浮気の可能性を調査!

2.身内ネタ・対決ネタが受け付けなかった。

毎度恒例の暴露話は『ほんとかよ??』等の話もあるし、作り話感はありました。河本さんは久しぶりに見ましたね。年末に仕事がないゲストで構成されている気はしました。

上島さんらの対決ネタは見ていて、自分の感性で受け付けられない所が多かったですね。

3.企画自体がマンネリ化している。

ゲストが出ると必ずと言っていいほど顔が隠されますが、これもマンネリ感があります。

出てきたゲストも『この人知らないなぁ』と感じる人が多かったですし、企画全体としても新規さもありませんでした

全体の流れはもう何年も前から、変化がないように見えます。企画の決定にダウンタウンが絡んでいるかはわかりませんが、もっと工夫が欲しいと思いました。

Sponsored Link
 

それでも山崎(月亭)邦正を弄るのだけは面白い。

それでも『笑ってはいけない』を観てしまうのは、邦正さんが輝く瞬間があるからでしょうか。彼は弄られるだけ、無限に輝く事ができる才能を持っています。

松本さんが犯人に選ばれた時は心の底から喜んでいましたね。ホウセイさんの天然キャラが生きる瞬間はガキ使にこそあります。


まさかの封印宣言からのビンタ発動。ここもホウセイさんの持っているキャラでしか成立しないですよね~。ホウセイがいてくれて良かったと感じるガキの使い2017『笑ってはいけないアメリカンポリス』でした。

そろそろ企画全体を一新してリフレッシュすれば面白くなると思いますし今後の動向に注目ですね。

お口直しにYoutube映画でビバリーヒルズコップ2はどうでしょうか??刑事アクセル(浜田)の活躍をお楽しみに~。

 - お笑い芸人