ホリエモン 子供時代の性格が成功の秘訣か?母との親子関係他 |

ホリエモン 子供時代の性格が成功の秘訣か?母との親子関係他

   

ホリエモンがR-1グランプリに出場して勝利し、2回戦に進出したそうです。

人には言えないのですが、実は堀江フリークなのでyoutubeの公式動画を結構チェックしています。

『多動力』も買いましたが、結構面白かったです。一つの専門にとらわれずに、あらゆる分野に進出することを勧めていました。

ただ凡人がなんでもかんでもやり出すと、収拾がつかなくなるので選択と集中はある程度は必要だとは思いました。

ホリエモンにとってお笑いは専門外だと思いますが、多動力の実践を地で行っていますね。R-1では幼稚園生に扮したホリエモンが自虐ネタを披露していましたが、子供時代の事について気になりました。

母親からはかなり厳しく躾けられたらしく、子供時代に培われた性格が成功の秘訣と考えますのでご紹介します。

Sponsored Link
 

ホリエモン(堀江貴文)の多動力から学ぶ事。

一昔前だとタテ割り構造の中で、1つの肩書だけに固執していれば良かったのです。現在の産業構造は水平分業に移行していますので、1つの事しかできない人材は淘汰されると『多動力』で警告しています。

ホリエモンはタレント、プログラマー、実業家etc...そしてお笑い芸人と肩書を複数持ち、活躍の場を広げています。

これが1つの事しかできないと、仕事の幅が実は減っていると考えられます。

とは言いつつも、一般人にはホリエモンのように活動するのは難しいのが現実。

僕なんかは一つの専門を持ちつつも、そこから枝分かれするようにスキルを増やしていくようにしています。こうしてブログを書くのも、文章を上達させるためです。

多動力を意識しながら動く人・動かない人では、これからは大きな差が生じるだろうと思います。

ホリエモン(堀江貴文)の母・父との親子関係とは?

当時では珍しい田舎での共働き家庭だったそうです。父親は早期退職するまでは同じ会社で働き続けた普通の団塊世代の人だったようです。

しかし、ホリエモンにとって母親がかなり厄介だったとの事。

なかば強制的に柔道をやらされたり、テストの点数が良くても決して褒めることはなかったようです。パソコン購入後に成績が落ちたときは、ゴミ捨て場に捨てられたとか。

これらのエピソードから大変な家庭だったことが伺えますが、僕だったら捻くれた大人になるのは間違いない^^;

2018年時点で父親は74歳前後、母親は67歳前後です。

数年前に母親から電話が来たときは、クルマが欲しいのに素直に言ってくれなくて逆切れされたようです。現在でも扱いにくい親っぽいですね。

Sponsored Link
 

ホリエモン(堀江貴文) 子供時代の性格が成功の秘訣?

ホリエモンの場合は、親を見返す力が上手く働いたかもしれません。

パソコンを捨てられた後もさらに、パソコンに熱中したようです。自然と身に付いた反骨心が原動力だったのでしょうか。

おそらく、ホリエモンの場合はプラスの方向に向きましたが、ホリエママのような教育をして万人が成功する補償はないかもしれませんね^^;

僕だったら、パソコン捨てられたらグレるなぁ...

このようにホリエモンの過去を見ると、成功の秘訣は子供時代に培った性格が要因だったことが伺えます。ホリエモンチャンネルでは日夜、ビジネスの最前線が見れますのでご覧になってみてください。

 - お笑い芸人, その他