佐野ひなこ 遊戯王引退説の理由&他の芸能人デュエリストは誰? |

佐野ひなこ 遊戯王引退説の理由&他の芸能人デュエリストは誰?

      2018/01/15

佐野ひなこさん、デュエリストだったんですね...

遊戯王カードは、コナミ版の前のバンダイ版カードダスの時代から購入していました。遊戯王のアニメもやっぱり緒方さんが声を当てていた遊戯が一番だよ><

とてつもなく初期から遊んでいましたが、2001年ぐらいに辞めたと思います。その後は遊戯王カードの元ネタのマジック・ザ・ギャザリングを始めましたねぇ~。

遊戯王カードの新しい版が発売されるごとに箱買いをしていたので両親には迷惑をかけたと思います...

コスモクイーンやクレセントドラゴン等を東京ドームに買いに行きましたから超懐かしいです。その時は混雑が原因で限定パックをほとんどの人が買えなくて、少年ジャンプ経由で購入できるように救済処置が取られたんです。

エキスパートルールが始まった際にはレベル4のヂェミナイエルフやメカハンター、そしてブラットブォルスを投入して普通のビートダウンデッキでしたが当時はそれで十分でした。ギャザの方が戦略に富んでいてデッキの組み方が豊富だったので、そちらに行ったんですが...

意外にも佐野ひなこさんは遊戯王カードの熟練者であります。しかし、現在は引退説が流れていますので真相を追ってみました。

Sponsored Link
 

佐野ひなこ 遊戯王カードを始めたきっかけはお兄さんの影響だった?

マックスむらいとの対談で神のカードブラックマジシャンガールについて話しています。

佐野さんは初期遊戯王に対して『え、闇のゲーム?』という反応を示し、あまり詳しくなさそうなので後発組なんですね。1994年生まれですから、年齢的にそりゃそうですよね。

遊戯王カードの後半のブームは途中から入ってきた人が盛り上げていた感がありますね!

遊戯王カードを始めたきっかけはお兄さんが持っていたゲームの中に遊戯王があって遊んだのがきっかけだったそうです。

佐野さんはお兄さんがいることをあまり公表していません。お兄さんは意外とオタク趣味が豊富なのかもしれませんね!

佐野ひなこ 遊戯王引退説の理由...現在はもう遊んでいないの?

佐野さんは2014年ごろに遊戯王カードを熱心に遊んでいたようです。大会でも優勝経験もあるデュエリストにも勝利していますから、実力は本物だと思います。

立ち回りの良い人は何やっても上手いのだろうか...そんな佐野さんですが、ここ最近は遊戯王の話を全くしていない気がします。

今年は2018年ですが、私は3,4年ぐらいで遊戯王カードは辞めた気がしますね。年数的にも4年ぐらいで飽きがやってきます。

プレイしていれば逐一、ブログでも報告するだろうし、それもしていないので現在は遊んでいないのでは?と思います。

Sponsored Link
 

他の芸能人デュエリストは誰?

ジャニーズの中島健人さんや栗原類さんもデュエリストなようですね。芸能界にもアニメ・漫画の普及率が上がってきた気がします。

中島健人さんはブルーアイズホワイトドラゴンを初期デザイン含めて大量に保有しているようです。まるで海馬社長のようだ...

一番初めのブルーアイズは4000円程のスターターパックについてたんですよ^^;だからそれを3セット買えば、当時の最強デッキがあっという間に組めましたw

本当に初期の段階はサンダーボルトやブラックホール、落とし穴でしか対抗できなかったので、恐ろしいカードでした。まぁ、それぐらいゲームバランスが無茶苦茶な時期がありました。

ルールが改変されて、今の遊戯王カードの環境があると思います。

 - モデル