清宮幸太郎って評価低いの?マスコミだけでなく球界の声が気になる |

清宮幸太郎って評価低いの?マスコミだけでなく球界の声が気になる

   

注目の清宮幸太郎さんが大学進学ではなく、プロ野球への挑戦を表明しました。ただネットでは過大評価という声が総じて評価は低いことが感じとれます。

ただ2015年の夏の甲子園は清宮さん一色だったわけですから、一概に過大評価と言っていいものではないと思います。

マスコミやプロの球界からの目線にはどのように清宮さんはうつっているのでしょうか。

Sponsored Link
 

マスコミの評価

清宮幸太郎さんは思えば常にマスコミに取り上げられていましたね。

世間を驚かしたのが、2015年の夏の甲子園だったと思います。あの時の成績は19打数9安打8打点で本塁打2本の打率.473でモンスター級の活躍がクローズアップされまして、当時1年生でしたから余計に注目されましたね^^;

甲子園が終わった後も期待の新星として地方大会でも清宮さんを追っていましたね。なんだか風貌が昭和の古き良き高校球児な感じがしますから、スポーツ記事を書いている方々が彼個人のことを好きなのかもしれません。

ただ2016年は八王子学園八王子に敗れて予選敗退、2017年も惜しくも東海大菅生に敗れて甲子園の出場はできませんでした。それでも注目の選手としてマスコミの熱視線が止むことはありませんでしたね。

 

清宮幸太郎さんって評価低いの?

マスコミは高評価を常にしていたのですが、一般の我々がどうしても清宮さんへの評価は低い傾向にありますね。その理由は高校2,3年共に甲子園の出場を逃したことが大きいと思います。

モンスター級の選手であれば、甲子園に出場して当たり前なのにそれが果たせないままマスコミの報道だけが先行する状況に世間は嫌気がさしているのだと推測されます。

ですが、チームスポーツをやっていた方ならわかると思いますが、野球は一人でやるスポーツではないので強打者を上手く敬遠気味の四球で見送ったりといくらでも戦略はあるわけです。

特に早稲田実業に清宮さん以外の強打者がいなければ、戦略を立てて勝つことは難しいことではないはずです。

Sponsored Link
 

 

清宮幸太郎さんに対する球界の声

上記のように、世間一般ではどうしても清宮さんが所属するチームの実績が伴っていないので評価が低い傾向にありましたが、球界の評価はそれとは異なっています。

ドラフトについては12球団が1位指名をする可能性があるということで、世間一般とは異なり球界の声を聞くとその素質を高く評価していることがわかります。

「厳しい球団に行きたい」とのことでしたので彼の姿勢を見れば、下手に甲子園で優勝してプロ入りを果たす選手よりずっと良いと思います。

なによりプロスポーツでなにより重要な体格はしっかりと持っているわけですし、世間一般の評価以上にプロ入り後は活躍をするのではないでしょうか。

 

 - 野球