生島勇輝の父親はヒロシ!バブル時の数億円の借金を救ったモデルは誰? |

生島勇輝の父親はヒロシ!バブル時の数億円の借金を救ったモデルは誰?

   

生島勇輝さん、俳優として活動中です。イケメン俳優と違って肉体派の俳優さんのオーラがあります。

勇輝さんは1984年生まれで2018時点で34歳です。事務所はケイダッシュでして、弟にダンサーの生島翔さんがいらっしゃいます。

今回、そんな勇輝さんの父親である生島ヒロシさんが気になりました。実は元TBSアナウンサーの生島ヒロシさんですが、数億円の借金を背負っていました。

しかし、ある売れっ子モデルさんのブレイクによって借金を返済することができたようですので、ご紹介します。

Sponsored Link
 

生島勇輝の父親はタレントの生島ヒロシ

生島勇輝さんの父親は大物司会者の生島ヒロシさんです。

生島勇輝さんと生島ヒロシさんは顔よりも髪型が似ていますね笑。ヒロシさんはアメリカに留学したあとにアナウンサーとしてTBSに入社しました。

転機が訪れたのは38歳の1989年にTBSを退社されてからですね。細川たかしさんの勧めてビジネスを始めてしまって数億円の借金を背うことになります。

現在はTBSラジオで『生島ヒロシのおはよう定食一直線』というラジオ番組の司会をしていますが、数億円の借金を抱えた理由をご説明します。

生島ヒロシがバブル時に数億円の借金を抱えた理由

生島ヒロシさんはバブルの時に不動産ビジネスの失敗で7億円の借金を背負ったようです。7億円って一般人だったら即効で自己破産ですよ...。

バブル崩壊の時は大物芸能人は結構、借金背負ってますね。必殺仕事人の藤田まことさんもバブル崩壊で借金を背負いましたが、額は生島ヒロシさんの数倍です^^;

藤田まことの借金理由&返済は妻や息子・娘が引き継いだのか?

生島ヒロシさんが借金を背負った理由は不動産ビジネスの失敗だったそうです。まぁ、アリガチではありますね。。バブル時に複数の不動産を購入しましたが、バブルが崩壊して7億円の借金を背負ってしまいました。

Sponsored Link
 

生島ヒロシの7億円の借金を救ったモデルは優木まおみだった?

生島ヒロシさんはTBSを退社後に、プロダクションの生島企画室をスタートさせました。生島企画室はタレント以外にもアナウンサーの方も在籍しています。

生島さんはフリーアナウンサーを目指していた優木まおみさんをオーディションで採用したそうでして、これが起死回生の一手になりました。テレビなどで優木まおみさんがブレイクして、7億円の借金を返済することができたようです。

というわけで、生島ヒロシさんの7億円の借金を救ったモデルは優木まおみさんというわけですね。

優木まおみの顔が変わりすぎ?ヒアルロン酸注入かメイクなのかを調査!

ブレイクしたのは優木さんですから、報酬分を借金返済に使っていたのは少しばかり解せない点もありますね^^;

 - 俳優, 男性アナ