可愛いエンジニア池澤あやか 挑戦中のヘボコン(ロボコン)とは? |

可愛いエンジニア池澤あやか 挑戦中のヘボコン(ロボコン)とは?

   

エンジニアの池澤あやかさん、可愛いですよね^^エンジニアのマドンナとして注目されています。

なんだかRubyの女神とか言われています。ということはソフト屋さんなんですかねぇ。

男社会のエンジニアリング業界に切り込むその姿は勇ましいので、どんな人なのか調べてみました。

Sponsored Link
 

池澤あやかさんって?

タレント兼エンジニアで慶應義塾大学環境情報学部卒業のエリートです。メーカーやIT企業に勤めず、フリーでエンジニアをされているようです。映画やドラマにも出演中ですから、どこかの会社に勤めるのは難しいですよね。

可愛いエンジニアとして注目中

一般的に男社会のエンジニア業界ですから、彼女のような存在はオアシスでしょうねぇ~。実際会社にいたら、オタク界の姫みないたな感じになりそうです。ただ雰囲気としてはオタクは嫌いそうですね(恐い)

なのでエンジニアの彼氏は作らないんじゃないかなぁ~。過去にはUPQというスタートアップの会社が出していた4K液晶ディスプレイの品質管理があまりにもずさんだったということで炎上に巻き込まれたそうです。。

品質管理は池澤あやかさんが直接絡んでいるわけじゃないけど、擁護したから狩られたようですね。まぁなんかエンジニアって面倒くさい人種なんですよ。確かにスペック未達のまま発売したのはダメなんだけど、直接twitterで攻撃しちゃいましたからねぇ。

私だったらまぁ、しょうがないかって終わでしょうし、そこらへんは個人でボーダーラインがあると思います。皆さんも他人のミスには優しくなるといいですよ。

Sponsored Link
 

挑戦中のロボコン(ヘボコン)とは?

池澤あやかさんは現在、ヘボいロボットだけが出場を許されるヘボコンに参加中です。ヘボコンはロボコンの一種で、技術力がまだまだ未熟な方が作ったロボットで相撲をする大会になります。

なので敷居が比較的低いロボコンだと思います。参加者は基本的にキットを改造してロボットを作ってまして、池澤あやかさんもタミヤのキットとミニ四駆を改造して製作しています。

実際に参加してみた結果はどうやら、1回戦敗退だったようです。内容は綿ロボに判定負けしてた感じでした~。ロボコンは準備が大変なんですよね^^;報われない苦労がロボコンにはあります。

他の男性エンジニアに負けないようにヘボコンで優勝してほしい所です^^

 - 芸能