ハラスメントゲーム 1話感想と2話あらすじ&原作でネタバレがわかる? |

ハラスメントゲーム 1話感想と2話あらすじ&原作でネタバレがわかる?

      2018/10/16

この記事ではハラスメントゲーム 1話感想と2話あらすじを紹介します。

ハラスメントゲームは日本の社会問題になりつつあるパワハラを扱ったドラマです。

舞台は業界大手のマルオスーパー練馬店です。ある日、メロンパンに1円玉が入っていたとクレームが入るところから物語がスタートします。外部ではなく内部の人物による仕業だとか。

このドラマのためにコブクロが主題歌『風をみつめて』を提供しています。こちらも注目ですね。

Sponsored Link
 

ハラスメントゲーム 1話感想 クレームが実はパワハラだった?

業界最大手のマルオースーパー練馬店にクレームが入るのですが、内部の女性社員によるパワハラではないか?という疑惑が生じました。

しかし社長の丸尾は警察に通報することをためらいました。パワハラ発覚による新店舗への影響を恐れたためですね。ここでも日本の組織の隠ぺい体質が伺えます。

そんなときに富山中央店店長・秋津(唐沢寿明)に本社へ異動してきます。マルオースーパー練馬店の問題に取り組む活躍が一話では見れましたね!

秋津はコンプライアンスの仕事をしてますけど、過去にパワハラで問題になったことがあります。

なんだか、皮肉を感じますね。

一話からは昨今の部下から上司へのパワハラではなく、その逆の構図がとられていました。

部下が上司にパワハラを働くという、なんでもかんでもパワハラ言うな!というメッセージが込められた話でした!

 ハラスメントゲームの原作でネタバレがわかる?

ハラスメントゲームの原作でネタバレがわかるんでしょうか?

調べてみると、原作は2018年10月上旬に河出書房新社から発売予定となっております。

原作とドラマが同時並行で進んでいくようです。したがって、原作を先に読んでネタバレを知ることが難しいですね。

ちなみに著作者はドラマの脚本を手掛けている井上由美子さんです。

ドラマ版と原作で大きく結末は異なることはないかもしれませんね。

Sponsored Link
 

 ハラスメントゲーム 2話あらすじ 秋津がスーパーでパワハラ解決の難題に挑む?

開店を3日後に控えていた品川店でなにやら問題が。。

なんと18人のパートが突然辞めると言い出したらしい。もはや内紛なのでは??

原因は社長のセクハラにあると突き止めますが、当の本人は記憶なし。どうやって解決するのか楽しみですね。

 - 2018秋