黄昏流星群 1話感想と2話あらすじ&原作との違いをネタバレ |

黄昏流星群 1話感想と2話あらすじ&原作との違いをネタバレ

   

この記事は黄昏流星群 1話感想と2話あらすじに加えまして、原作との違いをネタバレします。

原作は黄昏流星群の第一巻『不惑の星』となります。

しかし設定の段階で原作との違いがあります。原作では主人公の奥さんは不倫しないまま終わりますが、ドラマでは不倫します。

その不倫相手がまさかの相手なので展開が面白くなるかもしれません。

原作の人間関係は複雑で出てくる人物がどうしようもない性格ですが、ドラマではソフトになるかもしれませんね。

Sponsored Link
 

黄昏流星群 1話感想 スイスでの禁断の出会いとは?

主人公の瀧沢完治はエリート銀行員ながらも理不尽な出向を命令されました。

サラリーマンとして頑張って生きてきたのに、こんなことあっていいのかと痛感した瞬間だったのでしょうね。

瀧沢はとっさにスイスに単身で旅行に出かけます。

それがスイスで目黒栞(黒木瞳)と禁断の出会いをはたします。とてつもなく意気投合してしまい、不倫関係に発展していきます。

(感想は視聴後に記載します)

ドラマと原作(不惑の星)との違いをネタバレ

ドラマと原作(不惑の星)との違いをネタバレ

  • 登場人物の名前や職業が違う
  • 主人公の奥さんが娘の婚約者と不倫する

原作は黄昏流星群の第一巻『不惑の星』となります。

原作では奥さんに浮気がばれてしまい、娘の結婚式の後に離婚届を叩きつけられました。主人公は最終的には奥さんと離婚してしまい、スイスで出会った女性と一緒に暮らし始めたところで完結します。

ちなみに原作だと主人公の娘がパパ活をしていて、大学の教授とそういう関係になっています。その教授が主賓として娘の結婚式で挨拶するわけだから、これほど痛いものはない笑

登場人物の多くが危ない関係を持っているんだよね^^;

今わかっているドラマと原作の違いはというと、、

主人公の奥さんが娘の婚約者と不倫関係になってしまうという点です。

あとは原作と登場人物の名前や職業が違うので少々混乱しますね。娘の婚約者はイケメンのエリート弁護士です。

原作だと娘の婚約者はエリート役人で、顔がねずみ男みたいでブサイクです。ドラマ版ではジャニーズの藤井流星さんが婚約者を演じますから、その辺は安心ですw

Sponsored Link
 

黄昏流星群 2話感想 あらすじ

(あらすじは視聴後に記載します)

 - 黄昏流星群