前田日明の愛車はポルシェ911!事故を起こした原因と修理代がヤバいw |

前田日明の愛車はポルシェ911!事故を起こした原因と修理代がヤバいw

      2018/10/10

プロレスラー前田日明さんの昔の愛車を紹介します。

80年代後半のバブル真っ盛りの中、前田日明さんはフェアレディZ31とポルシェ911ターボに乗っていました。

具体的には87年あたりはフェアレディz31、そのあとにポルシェ911ターボに乗り換えました。そして1989年にポルシェ911でガードレールとの接触事故を起こしました。

その修理代は約825万円だったらしく、一般人との収入の違いがわかる費用ですよね。

今回は接触事故を起こした原因とz31とポルシェ911に関するお話をお届けします。

Sponsored Link
 

前田日明の昔の愛車はフェアレディZ31とポルシェ911ターボ!

前田日明さんの昔の愛車はフェアレディZ31とポルシェ911ターボでした。

過去には日本一、クルマ雑誌を読み込んでいるとマスコミから言われていました。z31に関しては改造しまくって首都高をよく走っていたそうです。

さらなる速さを求めて911に乗り換えたみたいです。性能は911ターボの方が上ですしねー。

しかしZのほうがパーツが安くて改造しやすかった点は好きだったみたいです。ポルシェの改造も試みたらしいのですが、パーツ1個の値段が100万円以上するらしくさすがに諦めたようです。

この辺りは日本車と次元が違いますね。一般のサラリーマンには外車の改造は難しいなと考えさせられる内容でした。

前田日明の愛車:z31とポルシェ911

ポルシェ911とフェアレディz31

ポルシェ911ターボで事故を起こした原因は犬をよけそこなったから!

前田さんは1989年にポルシェ911ターボで事故を起こしました。

ポルシェでガードレールに突っ込んだらしく、あえなくポルシェは修理工場行きになったらしい。事故を起こした理由は『犬をよけそこなったから』だったらしい。

理由があまりにも現実味がないので、車の中で新しい必殺技を練っていたのでは?ともマスコミから言われたようですね。

怪我のほうは打撲ぐらいで済んだらしく、さすがは格闘家って感じはします。ちなみにその時のインタビューで『俺って滅多に事故起こさないんだけど、起こすとデカイんだよな、ほんと。』とも語っています。

その時の修理代も気になるところです。

Sponsored Link
 

ポルシェ911ターボの修理代がヤバいw

事故を起こした時のポルシェ911ターボの修理代がヤバいですw

前田さん曰く、ポルシェ911ターボの修理代は車両価格の半分にも達したと語っています。

当時のポルシェ911の新車価格は1650万円ですから、修理代は約825万円にも達したのでしょうね。

外車は部品代が高いのと塗装が特殊ですから、これぐらいかかっても不思議ではないです。

外車にあこがれてしまいますけど、今現在でも電装系が故障したりするのが外車です。車両が買えても故障が待っていますから、私は日本車で我慢しようと思いますw

最後にz31に乗っている前田さんの動画を紹介します↓

動画の36:57あたりでz31に乗っている前田さんを確認することができます。

 - プロレス