中学聖日記 5話感想と6話あらすじ&岡田健史(黒岩)のセリフが聴こえない? |

中学聖日記 5話感想と6話あらすじ&岡田健史(黒岩)のセリフが聴こえない?

      2018/11/06

この記事は中学聖日記 5話感想と6話あらすじをお届けします。

5話は今まで以上に荒れた展開でした。。見ていてこっちが辛かったです^^;

特に黒岩とお母さん、教師の聖などの関係性がグチャグチャになってましたね。

恋は盲目と言いますけど、さすがに聖と黒岩はまわりが見えなさすぎでした(辛い)

さらに岡田健史さんのセリフが聞きづらいです。なんか滑舌が悪いかもしれないのですが、その理由も推察してみました。

Sponsored Link
 

中学聖日記 5話感想 聖が黒岩を好きになった理由は曖昧なのでは?

夜の海でキスをしてしまった聖と晶。。。

あれだけダメだって周りから言われているのに、、先生は自制が効かないですねぇ^^;

その後、黒岩の母親が非常に怒っていましたね。お母さんはヒステリックになりすぎだと思いましたが、あれはしょうがないかと。

最後のほうにお母さんの恋愛遍歴が語られましたが、『時間が解決するわ』という説得にも応じない黒岩^^;

彼の留まるところを知らない『先生が好き』アピールはちょっと気持ち悪かったかも?

とにかく行動と気持ちがアンバランスな黒岩のキャラクター性は見ていて辛いです(何度目)

やっぱり病的に一人を追い求めるのはダメだよね。。(一歩間違えばストーカーだし引き際も大事)

一方の聖のお母さんは、なんだか優しい人でしたね。

聖自身の自制の無さの不安定さが凄いけど黒岩と勝太郎の誰も責めないから、それぞれの気持ちを尊重している気はする。

ただそのどっちつかずな気持ちが周りを不安定にさせているね。

最後の車内の会話も酷かったなぁ。

勝太郎が可哀相すぎる。。ホントに彼の言っている事はド正論やで^^;

岡田健史(黒岩)のセリフが聴こえない?

中学聖日記を見ていると、岡田健史(黒岩)さんのセリフが聴こえないと感じました。

聴こえない理由を推察すると、、

  • 単純に滑舌が悪い
  • 気持ちが不安定な中学生を意識した演技

...などが挙げられると思います。

岡田さんはまだまだ俳優としてキャリアが浅いです。感情はかなり入っている演技をしてくれますが、セリフが聞こえにくいのはちょっと。。

でもカッコいいから、これから人気は出ますよね~。

しかも6話だと3年後の話が描かれるわけだから、ようやく彼の実年齢に追いつきますね!

Sponsored Link
 

中学聖日記 6話あらすじ

舞台はいきなり3年後の2018年に飛びます!

聖はひっそりと千鶴と同じ小学校で教師を続けていたようです。

3年後だからようやく岡田さんの年齢に近付きますね。

聖は過去を忘れて、働いているようなのですが、たまたま立ち寄った雑貨屋で黒岩の姿を目撃。。

一方の勝太郎はリーマンとして過去にも振り返らず、働いているようです。凄いね~、私だったらトラウマで再起不能化も。

聖は遠足費の支払いが滞っている生徒の母親を訪ねるようです。

↓次回6話の感想記事はこちらになります↓

中学聖日記 6話感想と7話あらすじ&岡田健史(黒岩)がムカつく?

 - 中学聖日記