中学聖日記 6話感想と7話あらすじ&岡田健史(黒岩)がムカつく? |

中学聖日記 6話感想と7話あらすじ&岡田健史(黒岩)がムカつく?

      2018/11/13

この記事は中学聖日記 6話感想と7話あらすじをお届けします。

5話の内容は壮絶すぎて見ているこっちが疲れてしまいました。。。やっぱり中学生と先生の恋愛って見ていても気分は良くならないですね^^;

5話は展開も早かったし、6話ではまさかの3年後が描かれます。

中学生の年齢ではない岡田健史さんを抜擢した理由は、この3年後を描くことにあったんでしょうね。

中学聖日記 5話感想と6話あらすじ&岡田健史(黒岩)のセリフが聴こえない?

しかし岡田さん扮する黒岩も少しばかりムカつくキャラクター性でしたが、3年後の彼は成長していてほしいなと思います。

『好き』を他人に押し付けても周りを不幸にさせるだけですしね。。その辺りの距離感は大切だと思うんだ。

Sponsored Link
 

中学聖日記 6話感想 まさかの3年後の話が描かれる

舞台は3年後の2018年にうつりますが、大きな十字架を背負って生きていると言ってもいい聖。

聖は黒岩、勝太郎とも別れてしまっています。しかし千鶴に拾われたのか、彼女の小学校で教師を続けています。

塾講師をしつつ、東京で教員試験を再試験しました。問題を起こしつつも、なんとかなるもんですね。

しかし恋愛のほうについては『仕事が忙しいから』と、その気がないと周りには伝えています。それが本心からなのか、過去の恋愛がトラウマになっているかはわかりませんが...。

3年後になって聖は雑貨屋で黒岩を見かけてしまい、再び人間関係が動きだしましたね。

黒岩は中学の同級生とは別々に卒業したらしく、県内で一番の進学校に入学したそうです。なんだろう、一度階段を踏み外しても抜かりない人生を過ごしている気がする。

一方の勝太郎は聖と別れたあとはバリバリと仕事に励んでいるそうです。それでも聖の元を訪ねたりと、優しすぎる一面も見せました。

この後に聖は自分の気持ちを同僚の教師に『自分だけあの頃から変わっていない』と打ち明けます。同僚からなぜだか唐突に口説かれてましたが、聖が前に進んでいると感じるお話でした!

 

岡田健史(黒岩)がムカつくけど3年間の成長が見られた?

本作の岡田健史扮する黒岩は周りが見えてなさすぎた人物でした。しかし

中学時代は『先生が好き』という気持ちを押し付けているばかりで見ている『なんだかムカつくなぁ』という気持ちは芽生えていました。

中学生や高校生って、自分の行動がいったい何を引き起こすのか考えられる年齢ではないんでしょうね^^;

しかし3年間という期間の間に大人びた成長を見せてくれた気がしました。

黒岩は『あの頃はあまりにも頭がおかしかった』と回顧していましたり、人間は成長するものですね~。

ですが、、聖と黒岩が起こした問題はその周りの人から消えることはなく、来週も波乱が起きそうですね^^;

Sponsored Link
 

 7話あらすじ モンスターペアレンツに聖はどう対応する?

同僚の優しさもあり、聖は少しずつ前に踏み出します。

しかし、聖の生徒である彩乃が貧血で倒れてしまうそうです。まぁ、親は不倫中ですし満足に世話ができないからでしょう。

これに関して聖は母親を呼び出し、注意しますが、なんと彼女の秘密をばらすと脅してきました。さすがはモンスターペアレンツ。。

この問題に聖はどう対応するのか来週の見どころになりそうです。

次回の7話記事も書きましたので、よろしければご覧ください。

中学聖日記 7話感想と8話あらすじ&そこら中でグダグダな恋愛が展開?

 - 中学聖日記