コミケの2020年問題が解決の見通し...場所と開催期間は? |

コミケの2020年問題が解決の見通し...場所と開催期間は?

   

2020年に東京五輪が開催されますが、もう東京都の運営はグダグダですよね。

海外でオリンピックが開催されるときは会場設営が間に合っていないなどのニュースが聞こえてきましたが、日本もそうなるんじゃないかって思います。

日本人の仕事力がドンドン落ちてきている気がします。五輪期間中にビックサイトが使用できなくなるのですが、有名なコミケが開催危機に瀕しています。

前々から言われていたことなんですが、代替案の提示があったようなので調べてみました。

Sponsored Link
 

2020年東京五輪開催に伴うビックサイト閉鎖により、展示会場不足が露呈

2020年に東京五輪が開催に伴い、東京ビッグサイトがメディア施設として使用されます。

その結果、2019年の4月から2002年11月まで東展示場が利用不可能になり、2020年5月から9月まで全面的に使用不可能となります。

ビックサイトはメーカーが新技術を披露する展示会をはじめ、様々なイベントで使用されています。代替場所候補の幕張メッセは3競技で使用されることから、五輪期間中の展示会開催は絶望的というわけです。

仕事から技術展示会に行きますので、展示会場不足の問題は以前から知っていましたがついに現実味を帯びてきたという感じです。

コミケだけじゃない2020年問題とは?その他にも展示会問題が噴出している

コミックマーケット(通称コミケ)というオタクの祭典と呼ばれているイベントがあります。

初回は1975年12月21日に日本消防会館会議室で開催されていますが、非常に歴史があるイベントだということがわかります。第一回目の参加者の90%が少女マンガファンの女子中・高校生だったようです。

統計データによれば72回目の開催で来場者が50万人を超え、現在でもその水準を維持しているまさにビックイベントと言えます。

2020年に東京五輪が開催されますがビックサイト問題に伴い「①19年夏コミ」、「②19年冬コミ」、「③20年夏コミ」のコミケが影響を受けます。

①と②は利用制限区間以外でのビックサイト開催を予定しているようです。ですが、会場不足から参加サークルや入場制限の懸念は十分にありますね。

私の個人的な意見ですが、五輪用のメディアセンターを新規に作ればいいのにね。将来的には展示会場に使用できるようにしてさ。

Sponsored Link
 

2020年のコミケはお盆ではなくGWに開催の見通し

小池知事の発表によると、西・南展示棟を2020年の5月1日~5日までの期間をコミケ開催用に貸し出すようです。例年はお盆期間中の開催ですから、かなり前出しされる印象があります。

ただ期間前後の人・物の移動をどうするかなどの具体的方法は全く出てきていないので、日にちだけ決めたにすぎないですね。しかも衆議院選挙があるタイミングですから選挙対策と思われてもしょうがいないです。

問題なのは2019年12月に開催されるであろう冬コミから期間が3か月も早いことです。例年より準備期間が短いので2019冬コミと2020夏コミに参加する方はスケジュールに注意した方が良いと思います。

準備期間不足から参加を見送る人もいるかもしれません。とりあえず日程は決まりましたから、具体案に落とし込んでほしいですね。

 - 社会