Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学聖日記 11話 最終話の感想&ハッピーエンドだったけど黒岩の親は無理すぎ。。

中学聖日記 11話 最終話の感想です。

ついに最終話を迎える中学聖日記ですが、ここまで波乱万丈だった気がします。

最終話だというのに部長の子供ができたのが発覚したり、黒岩親の暴走、聖氏の海外遠征など話が発散しまくりました。

残念ながら聖は、黒岩と接触してはならないという契約書にサインをしました。結局、黒岩親の存在が最後まで障害だったのかと。

個人的には黒岩親はちょっと無理かなぁ…。親としては当然な行動かもしれないけど見てて辛かったです。

え、それでも成長した黒岩が聖をバンコクまで迎えにいくというラストでしたが、、

中学聖日記 11話の感想&最終話なのに色々とぶっこみ過ぎ?

中学聖日記 11話の感想です。最終話なのに色々とぶっこみ過ぎだった内容だったと思います。

部長に子供ができたのにもびっくりだし、聖と黒岩の恋は最後までもつれる展開。

まぁ、弁護士まで出てきたらどうしようもないけど、聖は黒岩親に最後まで抵抗していました。契約書はギリギリまで書きませんでしたし。

契約書はサインをしてしまったのだけど、どこか吹っ切れた感がありましたね。

そして聖が海外のバンコクで日本語教師をするという展開。しか~し、バンコクの仕事先に黒岩が訪れるというさっぱりしたラストとなりました!

『あれ、最後はハッピーエンドか?』

でも黒岩親の説得はどうしたんだろうねぇ~。あれだけゴネてたのに謎が少しだけ残りました。受験に受かったからOKにしてくれたのかな?

ハッピーエンドだったけど黒岩の親が無理すぎ。。

なぜ黒岩が『聖ちゃん』の勤務先を知っていたのかも謎だったのけど、さらっとしたハッピーエンドだから良かったと思います。

最終話は結局、黒岩との親との戦いが描かれました。親として当然の行為ではありますが、ちょっとやりすぎな感じもしました。

中盤ぐらいで黒岩親がラスボスになると予想したけど、わりとその通りになってみた。

あんな過干渉な親に育てられたら、マジで性格ゆがみそう。黒岩がギリギリで平静を保っているのは奇跡だし、私だったら病むわw

結局、2人の恋が成熟しないのは毒親がいるのが障害だったと思います。子供のことを本当に考えているのか謎ではありました。

中学聖日記 全話を通しての感想

中学聖日記の全話を通しての感想です。

とりあえず、修羅場の連続で辛かったです笑。まぁ、11話に上手く詰め込んだなとは思います。

有村さんは聖を演じていると、あざとかったですw

今後の楽しみな要素として、、

黒岩役を演じた岡田健史さんの次回作が期待できるかなと。話数を重ねるごとに演技にも重みが出てきました。ルックスも良いですしね。

しかし、二人はバンコクまで行かないと結ばれなかったわけです。凄くハードモードな恋愛だったと思うし、2人が今後も幸せでいると良いですね。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。