Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

斎藤工主演映画にお叱りだった議員は誰?炎上商法疑惑についても調査

斎藤工さんの主演映画『麻雀放浪記2020』が公開危機になっていると報道されました。

なんでも、国会議員に映画をみせたところ不評だったようですね。その理由は東京五輪が中止になるという設定に指摘が入ったからだとか。

1月31日に試写会を実施しまして、数名の衆議院議員とも意見交換。どうやら、そこで批判をした議員さんがいたとのことです。

デイリーの記事には名前が書いてなかったけど、他の記事では批判した議員さんの名前が載っていたのでお届けします。

Sponsored Link
 

斎藤工主演映画のお叱りだった議員は誰?

1月31の議員向けの試写会においては秋元司衆議院議員と牧島かれん衆議院議員らが参加されました。

下記二つの記事から議員の感想を引用しますが、秋元司衆議院議員と 池田道孝衆議院議員がお叱りだったみたいです。

映画は主人公の坊や哲が1945年からタイムスリップし、戦争によって東京五輪が中止になった2020年が舞台のため、秋元氏は開口一番「東京選出(東京15区)の選出、五輪競技が多く開催される江東区の出身者として腹立たしい」と苦言を呈した。

引用元:「麻雀放浪記2020」国会議員も評価、斎藤工「言葉選んで褒めてくださった」

試写終了後は秋元司衆議院議員と牧島かれん衆議院議員が斎藤とともに意見交換。ふたりともまず、斎藤が主演を演じることで『多くの人が麻雀を身近に感じてくれるだろう』と期待を述べた。

しかし、2人に先立って映画の感想を語った池田道孝議員からも『喝!』と批判されていた、2020年の東京オリンピックが中止になる設定には、『ありえない』と反論

引用元:斎藤 工が懇願「あまり映画を批判しないで」。 映画『麻雀放浪記2020』議員特別試写会で苦言続出!?

喝!と批判した池田道考議員はかなり怒ってたんですかね。。ただ映画なんて現実に即しているわけではないし、風刺の精神は大切だと思います。

Sponsored Link
 

斎藤工主演映画のお叱り報道はただの宣伝?炎上商法疑惑について調査

それでも、あくまでエンタテインメントであることは理解しており「古き良き麻雀の歴史の要素もあった。麻雀のイメージアップにもつながるし、多くの方が麻雀に関心を持つきっかけになれば」と評価。

牧島氏は、斎藤と対面し「女性にとって麻雀が身近になり、オシャレなスタイリッシュなものになった。私も勉強したいと思った」と声をはずませた。

デイリーの報道では公開危機と煽っていますが、炎上商法なのかなと思います。

その理由としては、秋元議員も『多くの方が麻雀に関心を持つきっかけになれば』と評価していました。さらに牧島かれんも前向きなコメントを発しています。

なんだかんだで、1月31日の試写は円満に終わったようです。デイリーの記事は上記二つの記事を大げさに膨らませた感じですね。

ただ斎藤さんも公開中止に言及しちゃいましたから、東京五輪に乗っかった映画制作側の宣伝ですよね。そして議員さんが映画にケチをつけたという重い内容で、ただの宣伝を超えて炎上商法になりかけたと思いました。

しかし、議員さんが難色を示したということで映画がお蔵入りになることはないと思うし、このまま公開されるでしょう。

Sponsored Link
 

ネットの反応

以下はネットの反応です。

Sponsored Link
 
Sponsored Link