Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アイドル

堀ちえみが口内炎と誤診された理由&舌ガンの原因や早期発見の方法は?

2019年2月19日にタレントの堀ちえみさんが舌ガンを公表しました。

症状はすでにステージ4ということで今後の治療の行方が注目されています!

しかし当初は口内炎と診断されていたらしく、発見が遅れることになってしまいました。それに関して、誤診だという意見が出ています。

今回は口内炎と誤診された理由が気になりましたので推察してみました。

堀ちえみが舌癌と診断された経緯まとめ

堀ちえみさんは2018年夏に口の中に口内炎ができ、病院ではビタミン剤や貼り薬を処方されました。

しかし11月になっても口内炎は完治せずに逆に悪化する一方でした。そのため行きつけの歯医者にいってレーザーで焼く処置を実施しても治らず。

(ちなみに口内炎のレーザー治療は子供や高齢の方向けで処置後から痛みが消えるなどの効果があるそうです。)

レーザーでも口内炎が一向に治らない中、舌の内側だけではなく新たに左の側面にもしこりが発生。

堀さんは2016年にリウマチなど2つの病気を患っており、定期健診時に診断した主治医から伝えられた内容は以下になります。

「飲んでいる薬の副作用の1つに口内炎の症状が出る事もよくあるので薬を暫くストップして様子を見ましょう」

2019年2月の次回診断までに良くなると信じていましたが、年が明けても全く治らなかったそうです。

さすがにおかしいということで、スマホなどで舌ガンを調査し、同じような画像を大量に発見。

夫は仕事で用事があるので1人で病院に直行し、主治医の所見で悪性の舌癌である可能性が高いと結論付けられました。

堀ちえみが口内炎と誤診された理由は2つ

堀ちえみが口内炎と誤診された理由は2つあると思います↓

  • 歯科医師の判断の遅さ
  • リウマチなど2つの病気を抱えており、判断が難しかった

理由:1歯科医師の判断の遅さ

ネットでは口内炎の診断を担当していた歯科医師の誤診だと言われていますね。

1か月以上治らない口内炎はどう考えても普通じゃないですから、大病院の紹介状をすぐに書いて欲しかったなと思います。

ただ舌癌を口内炎と誤診する例はかなりあるようです。セカンドピニオンは大切ですね^^;

理由2:リウマチなど2つの病気を抱えており、判断が難しかった

もう一つの理由は、リウマチなど2つの病気を抱えていたため、薬の副作用だと言われたことですね。

常用している薬の副作用に口内炎があったらしく、主治医が薬をしばらくストップすることを提案しました。

これも舌癌の発見が遅れた理由でもありますね。

舌ガンの原因や早期発見の方法は?

舌癌はタバコを吸っていると発症すると言われています。しかし堀さんの場合は喫煙者でもないらしく、専門家は希少癌の一つと見ています↓

朝蔭氏:舌がんは慢性的な刺激でなるといわれているんですが、これに関してはまだ科学的な根拠が乏しい。実際舌がんの中で、お酒もたばこもなく、堀さんのようになぜ発症したのか原因が分からないという方が多くいらっしゃるんですね。

いわゆる希少癌の一つになると思います。

舌癌の早期発見の方法については、医師ですら口内炎と誤診しますから個人での判断は難しいと思います。

しかし一般的には2週間以上、治らない口内炎があれば黄色信号らしく、耳鼻咽喉科か口腔外科の受診をした方が良いようです。

堀ちえみさんの舌癌が早く完治されることを祈ります。