Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

小室圭養子計画がヤバいw母佳代の真意や宮内庁の反応は?


小室さんの母佳代さんが過去に、息子を養子として差し出す計画をしていたそうです。

なかなか決着の糸口すら見えませんが、母佳代さんがやりたい事ってイマイチよくわかなんです。

最近になって蒸し返されつつ、小室圭養子計画というのが過去あったそうです。以下は今月発売の週刊文春に特集される予定です。

「彼女は私に、『うちの圭を養子にしてくれませんか』と持ちかけてきたのです」(元婚約者)

『週刊文春』(2019.3.28)「眞子さま傷つけた紀子さまのお言葉」

興味がある方は今月の週刊文春を手に取って頂ければと思います。本記事では小室圭養子計画の概要と母の真意や宮内庁の反応を追ってみました。

関連:小室母の元婚約者代理人はフリーの記者!弁護士を付けない本当の理由は何?

Sponsored Link
 

小室圭養子計画がヤバいw

小室圭養子計画がヤバいですw

元婚約者の男性が2018年に、母佳代さんから息子の圭さんを養子として預かってほしいと提案を受けました。

「実は婚約を解消した12年の秋、佳代さんは私に『結婚がダメなら、せめて圭をあなたの養子にしてくれませんか』と頼んできたのです。

いきなりのことで断りましたが、ともかく彼女は息子のことしか考えていない。それ以外は何も見えていないから、眞子さまとの結婚も絶対に諦めないだろうと思います」

どうやら、過去に小室圭さんを養子に差し出す計画があったそうですね。

話を持ちかけれたのは婚約を解消した2012年だったそうです。あまりにも急なことですので元婚約者の男性は断りました。

まぁ、いきなり何言ってんだって感じになったと思います。このことからも佳代さんは息子のことしか考えていないことがわかりますね。

養子を持ちかけれた経緯を元婚約者が新たに証言した内容もあります。養子の条件として小室の性は残してほしいと伝えていたそうです。

う~ん、養子という無理難題をお願いしているのに条件も提示するのは無理がありますね^^;

母佳代の真意や宮内庁の反応は?

小室養子計画を提案したときに母佳代さんの真意はなんだったのでしょうか。

彼女が元婚約者の男性をどう思っていたのかにヒントが隠されていたと思います。

元婚約者をATM代わりに思っていたとたびたび噂になっていますね。これについては男性側も『相手側の財布は自分のモノだと思っている』とは証言しています。

「彼女は『母子家庭よりも父子家庭のほうが、就職には有利なはずですから』と言っていました。彼女はとにかく息子のことが最優先。圭くんの将来のことしか考えていなかった」(同前)

引用元:「週刊文春」2019年3月28日 60周年記念特大号

あとは父子家庭のほうが就職に有利と佳代さんは考えていたようです。父子家庭だからといって、就職に有利なんてことは全くないんですけどね^^;

彼女の真意は婚約解消したとしても、男性側に小室さんを養ってもらう事と将来の就職のためという利己的な狙いだったと思われます。

また宮内庁は養子計画については直接の言及はしていませんが、『金のトラブルはご自身で解決を!』という立場を今までも貫いていました。

仮に養子計画があったことを知ったら、ポジティブな反応はしないと思います。

Sponsored Link

母佳代はひきこもりでネットショッピングの毎日

養子計画が蒸し返されていますが、2019年3月28日の文春によれば母佳代さんはひきこもりでネットショッピングの毎日だそうです。

本当にご自身で金策をしようって考えがないんでしょうね^^;。また横浜市の自宅マンションは2000万円相当の価値はあるらしく、それを売却すれば400万円の借金は返済できるのですが。

なぜそれをやらないのかというと、自分の生活レベルを落としたくないのでしょう。

 

Sponsored Link
 
Sponsored Link