Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上野千鶴子の旦那や子供は誰?結婚歴や若い頃の画像も紹介

東京大学の入学式で上野千鶴子(うえの ちづこ)さんの祝辞が話題を集めていますね!

東京大学の新入生が楽しそうに入学式に出席する中、重々しいスピーチしてニュースになりました。

ジェンダーに関する内容だったことから、上野千鶴子さんに旦那や子供がいるのか気になりました。

今回は上野さんの旦那・子供などの結婚歴について紹介します。またwiki風経歴や若い頃の画像も掲載しました。

東大の入学式で上野千鶴子の祝辞が注目を集めた

「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」――。

12日にあった東京大の入学式で祝辞を述べた社会学者の上野千鶴子・同大名誉教授はこう語り、「世の中には、頑張っても報われない人や頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体を壊した人たちがいる。

恵まれた環境と能力を、自分が勝ち抜くためだけに使わず、恵まれない人々を助けるために使ってほしい」と新入生に訴えた。

上野氏は祝辞の冒頭、昨年に東京医科大の医学部入試で女子差別などが明らかになったことや、他の私大医学部でも男子の合格率が高いことを紹介。

東京大でも長年にわたって入学者における女子の割合がなかなか「2割の壁」を超えないことや、4年制大学への進学率の男女差などを列挙した。

東大の入学式で上野千鶴子さんの祝辞が注目を集めました。

最近、私大医学部の医学部入試で女性差別があきらかになったので上野さんもかなり注目していた思われます。

賛否両論ありますが、内容をよく見てみると賛成できる点が多いです

ただ東大入試が男女差別をしていないことを前提とした場合、合格を勝ち取った男子生徒にしてみれば自分の実力で受かったわけです。

そんな中、東大の女子の割合が少ない!なんて言われてもピンとこないかもしれません。

上野千鶴子のwiki風経歴や若い頃の画像も紹介

wiki風経歴について

  • 名前:上野千鶴子(うえの ちづこ)
  • 年齢:70歳
  • 生年月日:1948年7月12日
  • 出身:富山県中新川郡上市町
  • 中学:富山大学教育学部附属中学校
  • 高校:石川県立金沢二水高等学校
  • 大学京都:大学文学部哲学科社会学専攻
  • 大学院(退学):京都大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程退学

上野千鶴子(うえの ちづこ)さんはジェンダー論を専門とした社会学者として、現在は立命館大学で教授をしています。東京大学名誉教授でもあり業界では有名です。

彼女は1948年に富山県中新川郡上市町に生まれました。戦後だと思いますが、子供の頃はかなり苦労して育ったのではないでしょうか。

中学は地元でしたが、高校は石川県金沢二水高校に進学しています。高校進学時に家族みんなで引っ越したそうです。

若い頃の画像

その後、西の東大でもある京都大学は進学。時は全学共闘時代だったらしく、活動家として学内にバリケードを組んで学生運動に参加。

その際、バリケードの中で女性差別を経験したと語っています。

京都大学で専攻していた社会学がつまらなすぎて、学生運動とバイトで食いつなぐ日々だったそうです。しぶしぶ京都大学院にも進学しましたが、途中で退学。

そんな中、20代後半で女性学に出会って状況が一変したそうです。その後は東京大学で教鞭をとりながら、社会学者のキャリアを積み上げていきました。

東大は2019年3月末までの勤務でして、現在は研究室ごと立教大学に移動しているみたいですね。

上野千鶴子の旦那や子供は誰?結婚歴も調査|結婚しない理由は何?

上野千鶴子さんには旦那や子供はいません…!したがって、結婚歴もありません。

結婚しない理由は複雑な家庭環境にあったと語っています。

上野さんのご両親は母と父の仲があまりよくなかったそうです。母は専業主婦として家事を頑張っていたそうですが、父は家の中で威張ることが多かったそうです。

母は離婚したがっていましたが、『子供がいるから無理』といつも愚痴をこぼしていたそうです。

そんな母をみて、結婚に夢を持てなくなったそうです。

こうした経験がジェンダー論を専攻する理由だと思いますが上野さん曰く、女性がフェミニストになるパターンを以下の3つだと解説していました。

女性がフェミニストになるパターンは3つあると思います。

1つめはちょっと変わった家庭で育ち、世間に出て初めて自分が規格外だと気付いた「トットちゃん」のような人。

2つめは、私みたいに母親と同じ人生だけは歩むまいと心に決めた家族の中の「ブラックシープ」(はずれもの)。

3つめは、普通の家庭で親の期待通りに育ち、望んだとおり結婚・出産してから、ある日突然、「何かが間違っている」と目覚めた人。

ジェンダー論はデリケートですから個人的には触れたくない問題ですが、東大の祝辞をきいて興味が出てきたので勉強してみたいと思います..!

以上、上野さんの旦那や子供についてでした。