Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ルパンの娘】深田恭子の年齢設定と年下の役を演じ続ける理由は?

女優の深キョンこと、深田恭子さんが主演を務める『ルパンの娘』が放送されています。

その中で、出演者と役柄の年齢設定が離れているようですね。

例えば、深キョンの実年齢は36歳ですが、役柄は明らかに20代の設定になっています。理由としては彼女の演技の幅の無さや事務所のマネージメントにあるかもしれません。

今回は、深キョンの作中の年齢設定や年下の役を演じ続ける理由について書きます。

【ルパンの娘】深田恭子の年齢設定は?本人の実年齢は36歳だが…

ルパンの娘で、深田恭子さんが演じる三雲華の年齢設定は公表はされていません。

ただ彼女の兄を演じる栗原類さんの実年齢が24歳ですから、三雲華(深キョン)の年齢設定は20代前半をイメージしてると思います

深キョンの実年齢は36歳ですから、演じる役柄の年齢差は凄まじいものがありますね。それでも、20代の役柄に抜擢される深キョンの美貌はおそるべしと言ったところでしょうか。

このドラマは深キョンだけでなく、55歳の母役を小沢真珠(実年齢 42歳)が演じており、ツッコミどころが多い配役になっています。

深キョンの兄役を12歳年下の栗原類が演じている

深キョンの兄役:栗原類(実年齢24歳)

  • 三雲華:深田恭子(実年齢 36歳)
  • 三雲渉(深キョンの兄役)栗原類(実年齢 24歳)
  • 三雲悦子 55歳(深キョンの母役):小沢真珠(実年齢 42歳)

深キョン(実年齢36歳)の兄役を演じるのは栗原類さん、24歳です。年齢差が12歳あるにも関わらず、深キョンが妹役を演じることができるのは若作りが上手くいっている証拠でもあります。

ただ40歳も間近に迫っている深キョンですから、違和感を持っている人もいます。

また母親役を演じる小沢真珠さんとは、実年齢が6歳しか離れていません。一応、深キョンの母役は作中では55歳の設定です。

このドラマは全体的に出演者の実年齢と配役に無理があるものの、実際にドラマを視聴した人からは「年齢設定がおかしいけど、実際見たら違和感がなかった」という意見も挙がっていました。

深田恭子は実年齢より下の役を演じ続ける理由は事務所のマネージメント?

深田恭子主演の新ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)が7月11日、スタートした。深田は泥棒一家の娘を演じ、初回からセクシーな〝泥棒コスチューム〟を披露、その容姿が視聴者から絶賛された。一方、深田が演じる役柄の年齢には首を傾げる視聴者が続出。「実年齢よりも下の役ばかり演じている」と疑問視する声が噴出している。

オンエアーされた映像では違和感がなかったものの、深キョンは実年齢よりも下の役を演じることが多すぎると疑問視する声も出ています。

他の女優さんたちが年相応の役柄に挑んでいる中、深キョンだけは『乙女チックなキャラ』を演じている気がします。

深キョンが実年齢より年下の役を演じ続ける理由は、事務所のマネージメントが大きく作用していると思います。

事務所がドラマの脚本や役柄に口を出すのは、よくある話です。

なんだかんだで彼女には『可愛さ』が期待されているので、事務所もそうした方向でマネージメントをしていると考えられます。

ただ、さすがに彼女も40歳も間近に迫っていますし、年相応の役も演じたほうが今後のためかもしれませんね。